Matching with your values

ボーダーレスな価値観を提供して
みんなが“選べる世界”をサポートする

staff

溢れる情報が、人々に多様な “価値” を提供する世界の中で
私たちは、自らが選択できる “自由” を手に入れると同時に、
本当に “価値あるもの” を見つけ、選択するという “スキル” を求められています。

誰もがもっと自由に、もっと簡単に “価値あるもの” を創造し、発見ができる。
ハイベロシティは、そんなしくみを提供していきたいと考えています。
私たちは、変化と多様性を生み出し続ける世界の中で、新たな “価値あるもの” の創造・発見に向けて、
自らの “自由”“スキル” を上手に使いこなせる人材を求めています。

jump
jump

VISION

vector

Challenge!

受注&自主ビジネスでのハイブリッド化を目指し日々奮闘。失敗・挫折を経験しながらも挑戦を忘れない。継続は力なり!

200%

ハイブリッドビジネスにより、売上前年比200%を達成!業務フローの見直し、パッケージ化により好循環体制へ転換!

Breakthrough

世界の動きを敏感に察知し、未来を予測!新たなステージへの突破準備を。1年先を見通した仕事に集中していきます。

1,000K!?

次に目指すステージは、100万ユーザーに弊社サービスをご利用頂くこと。未来志向でプロダクト、チーム体制を強化中!!

Join the “TEAM”

ハイベロシティは国内・海外のさまざまな企業・プロジェクト・人材と連携して開発を進めます。従来までの一体的なシステム構築ではなく、製品を複数のサービスの集合体として構成するマイクロサービスでの構築をベースにAPIを用いて、「時代の変化に強く、柔軟性のあるシステム構築」を目指しています。スタッフは、SCRUMを導入することで、プロジェクトごとにスタッフの「チームワーク」で開発を支えています。

新たなサービスを立ち上げることは、時間と労力を消費する大仕事ですが、チーム一丸となり、世界中のユーザーやコンテンツホルダーに向けて、より良いアイデアやしくみを提供し、新たな“価値”を生み出し続けるということから得られる手応は、とても大きな感動を呼ぶはずです。

現在、私たちがもっとも注力してきた、“独自の決済マネージメントプラットフォーム”の本格運用が始まっています。今後はトランザクションを含めたさまざまなプロセシングとの連携、拡張を加速させ、ユーザーとコンテンツホルダーをダイレクトにつなぐ市場展開を拡大させ安心でスムーズな“価値”の転換のご提案をしていきたいと考えています。

私たちは、自らのサービスがつくり出す新たな “価値” が、予想もしなかった喜びや驚きを生み出すことを期待し、日々チャレンジをくりかえしています。「チームワーク」×「チャレンジ」を合い言葉に、不可能だと思えることを実現する。ハイベロシティにはそんな情熱を持った仲間がたくさんいます。

ハイベロシティというチームであなたの才能を活かしてみませんか。

MESSAGE

福光 了良
AKIYOSHI 
FUKUMITSU
代表取締役/CEO福光 了良

価値あるものへのアクセスをもっと自由に、シンプルに実現したい

「潜在的価値を顕在化するために、様々な人の“思い”に答えるユニークな機能を提供する」これが私たちハイベロシティのミッションです。その思いを込めて、“Connect a Value and Make a Liberty”というミッションステートメントを創りました。

近代コンピュータは、データの「蓄積」と「検索」の2つの機能によって大きく成長してきましたが、単にデータへ「接続」するというフェーズを越えて、「価値」「交換」「創造」の3つの要素が、これからの私たちにとって非常に大切になっていくと感じています。その中でも、私たちは「交換」というキーワードに着目し、これまで潜在的に存在していた価値を量質ともに視覚的に認識できるようにするための顕在化機能の提供を目指しています。

このミッションを実現するためには、スタッフ全員の創造性と主体性が重要です。私たちは、自由な環境、信頼できるチーム体制の構築、マイルストーンの明確化を実現し、スタッフそれぞれの力を思う存分発揮してもらえる“場”の提供を目指します。

是非、私たちと一緒に、潜在的価値を顕在化させるために、様々な人の“思い”に答えることができる“ユニークな仕組み”を創り上げていきましょう!

沖津 貴俊
TAKATOSHI 
OKITSU
取締役/CSO沖津 貴俊

“応援する気持ち”をサポートしたい

アーティストを中心としたファンクラブの運営やコマースサイト事業を展開する中で、アーティストや商品、サービスを応援してくれるファンやユーザーの気持ちに、いかに寄り添うことができるか。私たちは常に大きな課題と対峙しています。ユーザビリティはもちろんのこと、私たち独自のネットワークサービスを通じて、ユーザーの期待に応え、より大きな感動を発信し続けることで“応援する気持ち”をサポートしていきたい。

高木 達
TORU 
TAKAGI
取締役/CMO高木 達

まずは“格好の課題”を見つけること

WEBサイトを通じて新たな繋がりを獲得したい! そんな相談に対して、私がまず行うことは、お客様の声に耳を傾け“格好の課題”を見つけることから始めます。“課題”が見つかればブレイクダウンし、コンテンツマーケティングを通して、いかに優良な発信源になってもらうかを考えます。私たちも同じなんだと思います。自分自身で“課題”を見いだし、一人の発信者としてともに成長していける。ハイベロシティはそんな仲間を待っています。

針北 優
YU 
HARIKITA
執行役員/CTO針北 優

“いかに伝えるのか”に技術を活かす

仕様や設計どおりに、間違いなく動いてくれる仕組みを構築することは、“エンジニアリング”の大きな役割のひとつだと思います。でも、もっと大切なことは、そのアイデアやメッセージが持っている熱量を、失うこと無く、ユーザーに伝えること。そして、その感動がより鮮やかなコミュニケーションを生み出してくれる仕組みを真摯に考え、実現することがこれからのエンジニアに求められる重要な“資質”であり“技術”なんだと思います。

甲斐 博文
HIROFUMI 
KAI
執行役員/COO甲斐 博文

プロダクトという人格を愛する仕事

プロダクトって人格を持ってると思うんですよ。「僕はカッコよく走りたい!」「私は楽しく歌いたい!」。と、彼らはわがままな願望をもっていて、愛情をかければかけるほど、吸収し成長していく。その成果として、彼らはすばらしい走りを見せてくれるし、美しい歌声を聴かせてくれます。マネジメントという仕事は、チーム一丸となって彼らへ愛情を届けるべく最適な道筋を描き、スタッフの愛情表現をモチベートしていくことなんです。

水口 純一郎
JUNICHIRO 
MIZUGUCHI
執行役員/CBO水口 純一郎

未来を描ける自己駆動型の組織づくり

会社を背中から見つめ、情報から価値を生み出す。バックオフィスの役割は派手さはありませんが、縁の下の力持ちとして常に会社の推進力を支えています。状況を的確に把握し、情報分析から社内に新たなイノベーションを誘発させる。これらオペレーションを通じて業務の効率化・自動化を進め、新たなアイデアを生み出す時間をつくる。私たちは自らがエンジンとなり未来を描き出すことのできる人材・組織づくりを目指しています。

矢野 ケンジ
KENJI 
YANO
執行役員/CCO矢野 ケンジ

すべての人がデザイナーなんだと思う

デザインとはコミュニケーションそのものを考えることであって、その本質はありきたりな形容だけど、一言で “思いやり” なんだと思います。“思い”というのは、必要不可欠な意思であり原動力。“遣り”というのはその伝達=対象にどう伝えるかであり、デザインされるべき重要なコミュニケーションの形やしくみのこと。強い“思い”をもち、“遣り”を、上手に生み出して訴求を図れる人はみんな、“デザイナー“と呼べる人たちなんだと僕は思います。